日本のカジノ法案のニュースについて聞いたことがありますか?

きっとベラジョンプレイヤーの方たちは、日本でオンラインカジノをプレイすることはOKなの?とか、今後ギャンブルに規制がかかるの?と気になっている法案なはず!
そんなカジノ法案を解読するのは、やっぱり法案なだけあって、難しい言葉も多くて大変。

そこで今回ベラジョンニッポンが、カジノ法案で知っておくべきことやオンラインカジノプレイヤーが気になる部分をカンタンにまとめちゃいます♪
その名も「日本のカジノ法案の不安解消セミナー」!(笑)

カジノ法案は名前でビビられがちですが、案外内容はカジノばっかりぢゃないとか・・・
カジノ法案で生まれるメリットデメリットやそれに対する政策についてもまとめていくので、一緒に日本のカジノ法案について考えていきまショー。

もちろん熱い戦いを繰り広げるIRの候補地の最新ニュースもアリ!お楽しみに♪
それでは、レッツスタート!


ベラジョンニッポン経由で登録すると限定$30ボーナスがもらえる!

日本のカジノ法案:What is カジノ法案?

目次

日本のカジノ法案を知るのに、頭に入れておきたいベースデータは下記5つのポイントで説明していきます。

  1. 基礎
  2.  目的
  3. オンラインカジノへの影響
  4.  IR(統合型リゾート)の詳細
  5. IR(統合型リゾート)の候補地

「オンラインカジノへの影響」にはオンラインカジノプレイヤーの疑問の答えが書いてあるはず?!

では、それぞれのポイントをレッツチェック!

日本のカジノ法案 / 基礎をレッツチェック

カジノ法案と呼ばれている「IR整備推進法案」とは、一体どんな法案なの?と思っている方に、まずは基礎をサクッとお伝えしていきます。

知っておきたいベースデータ

  • カジノ法案は、2016年末に日本の国会で可決された法案。

  • 日本初のランドカジノを含むIR(統合型リゾート)の建設のための法案

  • 正式名称は、「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」

正式名称はおぼえなくていいので、「カジノがあるIR(統合型リゾート)を日本に作ろう!」みたいな感じの法案っておぼえておけばOK!

★ミニメモ★
カジノ施設がある統合リゾートの建設の法案で、カジノのこともたくさん書かれているから「カジノ法案」なんて呼ばれているんだろうね。

日本のカジノ法案 / 目的をレッツチェック

カジノ法案の目的は、ズバリ!
IR(統合型リゾート)で海外からの観光客&観光収入をUPさせ財政回復すること!

カジノ施設は観光収入を増やすための1つの目玉プランなだけで、カジノを作ることがメインの目的ではないことがポイント!
勘違いしている方も多いんですが、あくまで経済効果をUPさせ、財政回復するための法案なんですよ。

なので、合法的なギャンブル(パチンコや競馬、ボートレース、競輪、宝くじなど)やオンラインカジノへの規制が書かれているわけではないので、ご安心を!

日本のカジノ法案 / オンラインカジノへの影響をレッツチェック

カジノ法案が成立することで、今後のオンラインカジノへの規制を心配しているプレイヤーの皆さん、グッドニュースです!

目的で、ちょっと言っちゃってますが、カジノ法案はオンラインカジノを規制する法案ではないんです!
カジノ法案に書かれているのは、IRに含まれるランドカジノについてだけで、オンラインカジノについてではありません。

ということは、カジノ法案とオンラインカジノは関係ないので、日本でオンラインカジノをプレイするのは、今までどおりでOK!
ホッと一安心ですね♪

しかし、今後カジノ法案によって、ギャンブル依存症が増加した場合、ギャンブル全体に対しての政策がどんどん増えていく可能性は考えられます。

これからオンラインカジノでも、健康的なギャンブルに対する環境作りはマストになってくるでしょう。
そんな時気にするべきポイントは、プレイしているオンラインカジノが安心安全なのか?ということです。

運営ライセンスを取得していたり、健康的なギャンブルができるシステムがきちんと設けられているかは、マストなチェックポイント!!
※ベラジョンは、そこんとこしっかりしてるんです。
後ほど、しっかりベラジョンの健康的なギャンブルができるシステムもご紹介しちゃうので、お見逃しなく♪

トラブルに巻き込まれないためにも、信頼できる安全なオンラインカジノをプレイできているか改めてチェックしてみまショー。


ベラジョンニッポン経由で登録すると限定$30ボーナスがもらえる!

日本のカジノ法案 / IR(統合型リゾート)をレッツチェック

カジノ法案でよく登場するIRがどうゆう意味か知ってますか?
まずは、IRのベースデータを知っていきまショー。

知っておきたいIRのベースデータ

  • IRとは、日本語で統合型リゾートを意味する。

  • IRとは、英語のIntegrated Resort(インテグレートリゾート)の略。

  • IR(統合型リゾート)は、下記が含まれる施設のことをいう。

  • ランドカジノ
  • レストラン
  • ショッピングモール
  • 宿泊施設、ホテル
  • スパなどの温泉施設
  • 国際展示場や会議場など
  • プール
  • 映画館や劇場などのアミューズメント施設

大人から子供まで、いろいろな趣味を持った方たちが楽しめる場所、それがIR(統合型リゾート)!
ランドカジノは、日本初なこともあって、施設の目玉アトラクションって感じなんでしょうね。

だんだんIRのイメージがわいてきたと思うので、ここで実際に世界中にあるカジノ付きIR(統合型リゾート)は一体どこにあるのか知っていきまショー!
きっと知ってる地名がいっぱい登場するはず♪

【別冊】世界のカジノ付きIR(統合型リゾート)を知るパンフレット

世界のカジノ付きIR(統合型リゾート)を知る1

世界には、規模やテーマの違うカジノ付きIR(統合型リゾート)がたくさん存在します。
その中でも有名な5大IRの場所といえば・・・

  • ラスベガス(アメリカ)

  • モナコ

  • マカオ

  • ソウル(韓国)

  • シンガポール

でしょう!
ラスベガスはTHE カジノっていう場所なのでオンラインカジノプレイヤーなら知ってる方も多いはず。

しかし、今回ピックアップするのは、シンガポール

世界のカジノ付きIR(統合型リゾート)を知る2

ラスベガス、マカオに次いでカジノ収益 No.3のアジアの人気観光大国なんです。
シンガポールには、カジノ付きIR(統合型リゾート)がいくつもあり、その観光収入はどんどん増えていってるんです。
シンガポールの観光収入:1兆2,000億円(2010年)⇒約2兆円(2019年)

そんなシンガポールにある代表的なカジノ付きIR(統合型リゾート)は、「マリーナ・ベイ・サンズ」でしょう。
とにかく見た目がインパクト抜群で、船が乗ったユニークなデザインは、今やシンガポールのアイコンになっているんです。
見た目に負けず、施設内も数えきれないほどのお店やレストラン、カジノには溢れんばかりのテーブルゲームやスロットが並び、仰天デザインの最上階にある船はインフィニティプールになっていたりと、驚きと豪華さ満点!

実は、そんなアイコンを生み出すほど成功したシンガポールのIRは、カジノ法案でお手本にしている日本のIRモデルなんです♪

日本だったら、お城風?いや近未来風?考えるだけでワクワクが止まらない日本のカジノ付きIR(統合型リゾート)のデザインに期待度上がっちゃいますね。

日本のカジノ法案 / IR(統合型リゾート)候補地をレッツチェック

カジノ法案が成立し、いざカジノ付きIR(統合型リゾート)を建てるぞってなったら一体どこに建つんだろうと思ってませんか?

ここからは、熱い戦いを繰り広げるIR(統合型リゾート)候補地の最新ニュースを伝えちゃいます。

すでに誘致計画を中止した自治体もある中、現時点でも立候補している自治体は、下記7つです!

  • ハウステンボス(長崎)
  • マリーナシティ(和歌山)
  • 夢洲(大阪)
  • 常滑(愛知)
  • 名古屋(愛知)
  • 横浜(神奈川)
  • 台場(東京) 

ここで、カジノ付きIR(統合型リゾート)の候補地7つの現時点でのトップ3をドーンと発表しちゃいます!

  1. 夢洲(大阪府)
  2. 横浜(神奈川県)
  3. ハウステンボス(長崎県)

では、気になるそれぞれの候補地のトップ3の理由をレッツチェック!

カジノ付きIR(統合型リゾート)候補地No.1夢洲(大阪府)

カジノ付きIR(統合型リゾート)候補地No.1

カジノ付きIR(統合型リゾート)候補地の激戦で、現在1位を爆走していると言われているのが「夢洲(大阪府)」!

そんな夢洲(大阪府)の強みは・・・

  • 2025年予定されている万博の開催地でもあること
    ⇒万博までにIRを全面開業できれば、万博との相乗効果で観光客&観光収入爆上がり!莫大な経済効果が見込めちゃうんです。
  • 近隣に関西国際空港や港も多い
    ⇒海外観光客の利便性が◎
  • 大都市に近いので、新幹線など国内の公共交通機関が充実
    ⇒地方活性化につながる観光の流れがつくりやすい
    ⇒インフラの整備がしっかりしている立地条件が◎

最新ニュースをチェック
スケジュールの遅れやコロナの影響などで、当初計画していた2025年のカジノ付きIR(統合型リゾート)の全面開業は難しいと判断されました。
今後計画が変更される可能性は大きいですが、現在は2020年代後半での部分開業を目指しているそうです。

カジノ付きIR(統合型リゾート)候補地No.2横浜(神奈川県)

カジノ付きIR(統合型リゾート)候補地No.2

カジノ付きIR(統合型リゾート)候補地の激戦で、大阪を追いかけるのが現在2位の「横浜(神奈川県)」!

そんな横浜(神奈川県)の強みは・・・

  • 羽田空港や横浜港が近い
    ⇒多くの海外便が離発着する空港&海外のクルーズ船の停泊港のコンビは利便性抜群!
  • 首都の東京に近い
    ⇒国際展示場や会議場などのビジネスでの利用も期待できる。
  • 新幹線の駅がある
    ⇒地方活性化につながる観光の流れがつくりやすい
  • 菅総理大臣の地元
    ⇒政府からのサポートが◎

最新ニュースをチェック
2021年8月末に開票され横浜市長選にて、初当選した山中竹春氏がカジノ付きIR(統合型リゾート)反対派のため、誘致計画の中止は確実との見通しです。

カジノ付きIR(統合型リゾート)候補地No.3ハウステンボス(長崎県)

カジノ付きIR(統合型リゾート)候補地No.3

カジノ付きIR(統合型リゾート)候補地の激戦で、地方から大都市の接戦に加わるダークホースが現在3位の「ハウステンボス(長崎県)」!

そんなハウステンボス(長崎県)の強みは・・・

  • 中国、韓国、台湾などのアジア諸国に近い
    ⇒日本の観光収入を支えるアジアの観光客の集客に期待できる立地条件が◎
  • 既存のテーマパークであるハウステンボスの利用
    ⇒初期投資が少くない。
    ⇒すでに知名度がある
  • 地方にある
    ⇒大都市から離れた場所なので、地位活性化が期待できる。

今後トップ3がどんどん入れ替わったり、新しい自治体が参戦することも予想されるので、激戦の模様は最新ニュースでチェックしていきまショー!

日本のカジノ法案のベースデータが頭に入れば、カジノ法案の成立によって今後予想されるメリットやデメリット、その政策を知っていきまショー。

日本のカジノ法案:What is カジノ法案で予想されるメリット?

カジノ法案で予想されるメリット

日本のカジノ法案の成立によって、今後予想されるメリットは下記3ポイント!

  1. 莫大な経済効果(カジノミクス)が見込める
  2. 雇用を創出できる
  3. 地域が活性化される

経済効果はカジノ法案の目的でもあるので、メリットにしっかり入ってますね。
では、それぞれのメリットの詳細をレッツチェック!

カジノ法案のメリット / 莫大な経済効果(カジノミクス)が見込める

カジノ法案での一番のメリットは、もちろん「経済効果(カジノミクス)」!

日本初のランドカジノ付きIR(統合型リゾート)が完成すれば、海外からの観光客&観光収入がUPするでしょう。
シンガポールでの観光収入のようにカジノミクスによって莫大な観光収入が見込めるんです。

カジノ法案での経済効果(IR候補地1つに対して)
※日本政府の試算ベース
年間9,700億円
2030年までに目標とする訪日外国人観光客数
年間6000万人

数字が莫大すぎてイメージしにくいですが、カジノ以外の施設も充実したIR(統合型リゾート)は日本の経済回復に大きく貢献しそうですね!

カジノ法案のメリット / 雇用を創出できる

カジノ法案の2つ目のメリットは、「雇用創出」!
IR(統合型リゾート)は、複合施設なので、多くの雇用が生まれることに期待する声も多数。
カジノを例に挙げても、全テーブルにディーラーを雇うだけでもかなりの数の人材が必要なことが予想できますね。

政府の発表する必要労働力は、約10万以上
これは建設から維持までの予想される労働力なので、巨大なカジノ付きIR(統合型リゾート)が建設されるんだろうなって思っちゃいますね。

多くの雇用が生まれることは、日本経済にもプラスなことなのでうれしいメリットです♪

カジノ法案のメリット /地域が活性化される

カジノ法案3つ目のメリットは、「地域活性化」!

カジノ付きIR(統合型リゾート)の建設地は決まってませんが、どこになっても観光客が増え、インフラが整えば、IRを拠点に地方の観光客UPも見込めます。地域が性化することで、日本中が活気であふれる未来も夢ぢゃないかもです。

日本のカジノ法案で予想されるメリットを知ったら、ここからはデメリットについて見ていきまショー。

日本のカジノ法案:What is カジノ法案で予想されるデメリット?

カジノ法案で予想されるデメリット

日本のカジノ法案の成立によって、今後予想されるデメリットも3ポイント!

  1. ギャンブル依存症が増える
  2. 治安が悪化する
  3. マネーロンダリングの危険性

カジノミクスで経済効果があるのはうれしいですが、やっぱり日本初のランドカジノを含むIR(統合型リゾート)はデメリットも予想されちゃいますね。
では、それぞれのデメリットの詳細をレッツチェック!

カジノ法案のデメリット / ギャンブル依存症が増える

カジノ法案での一番のデメリット、「ギャンブル依存症」です。

やはりカジノ法案で一番懸念されていることは、カジノができることによってギャンブル依存症が増えることです。

厚生労働省の統計(2017年)によると、ギャンブル依存症/疑いと診断を受けた方の数は、約320万人。
この数字は、諸外国より比率的に高い数字なので、日本政府はギャンブル依存症への政策や治療の充実化をカジノ法案と共に考える必要があると思います。

カジノ法案のデメリット / 治安が悪化する

カジノ法案の2つ目のメリットは、「治安の悪化」です。

歴史や映画などから、どうしてもカジノ=反社会的勢力とイメージする人も多いのが事実なんです。
IR候補地の周辺では、金銭トラブルや、犯罪の増加を懸念する声も聞かれるので、カジノ付きIR(統合型リゾート)を建設するにあたりクリーンなイメージはマスト!
どのように安全な治安を維持していくのか政府の今後の政策が気になりますね。

カジノ法案のデメリット / マネーロンダリングの危険性

カジノ法案の3つ目のメリットは、「マネーロンダリング」です。

日本のカジノ法案だけではなく、カジノ施設やカジノを有する国の共通の懸念点となっているんです。

【マネーロンダリングを解説】
犯罪や不法に取得した資金を、チップなどに換金したり、複数の口座内を移動させたりし、出所をわからなくさせ合法的に見せかけることを「マネーロンダリング」といいます。

マネーロンダリングは犯罪なので、未然に防ぐことができるまたはマネーロンダリングができないシステムの導入が必要になってくると思います。

大きなメリットがあるカジノ法案でもデメリットが改善されなければ今後反対の声が広がっていくかも?!
安心安全にギャンブルができる環境をどのように作っていく計画なのでしょうか。

早速、カジノ法案で計画されているデメリット打開政策をレッツチェック!

日本のカジノ法案:What is カジノ法案のデメリット対策?

カジノ法案のデメリット対策

カジノ法案で計画されている安心安全なギャンブル環境のためのデメリット打開政策9つはこちら!

  1. カジノに入場可能な年齢制限の設定:20歳以上の方のみ
  2. カジノに入場する際の身元確認制度の導入:マイナンバーカードの提示
  3. カジノに入場する際の本人確認制度の導入:顔認証システム
  4. カジノに入場する際の入場料の設定:1回6,000円(日本在住者のみ)
  5. カジノに入場する際の入場回数制限の設定:1週間:3回、1か月:10回まで
  6. カジノに入場する際の申請による入場制限の導入:自己申請または家族からの申請によって
  7. カジノチップ購入方法の制限の導入:クレジットカードは使用不可
  8. 広告掲載に対する制限の導入:IR区域以外に適用
  9. ギャンブル依存症の治療の充実化:より受けやすい制度を作る

ギャンブル依存症への対策が多いかなと思いました。
今後、地域の治安維持などに対する政策が増えていくことに期待ですね♪

カジノ付きIR(統合型リゾート)が建設されたら遊びに行こうと思っている方は、ぜひルールを守って楽しくギャンブルを楽しんじゃいまショー。

カジノ法案で大切な安心安全なギャンブル環境は、もちろんオンラインカジノでも同じです!
オンラインカジノを選ぶ&プレイするときも、健康的にギャンブルが楽しめる環境があるか、また信頼できるかどうかは大事なポイントです。

そこで、オンラインカジノ業界No.1で安心・安全・楽しいの3拍子揃ったベラジョンについてレッツチェック!

日本のカジノ法案:What isベラジョンの健康的なギャンブルができるシステム?

ベラジョンの健康的なギャンブルができるシステム

カジノ法案顔負け?!のベラジョンの健康的なギャンブルができるシステムと安心安全といわれる理由について、3つのポイントで紹介しちゃいます!

  1. 国際的な運営ライセンス
  2. 責任あるギャンブルページ
  3. アカウント認証システム

ギャンブル環境への不安解消対策ばっちりなので、しっかり詳細を見ていきまショー!

【安心安全といわれる理由】国際的な運営ライセンス

ベラジョンは、世界的な基準を満たしている運営ライセンスを保持しているので、安心感アリ!
オンラインカジノ合法国として有名なキュラソー政府発行のライセンスなので、信頼度も◎

★ミニメモ★
オンラインカジノを運営するには、認可された運営ライセンスをオンラインカジノ合法国に発行してもらうことがマスト!
オンラインカジノについての日本の法律は現時点ではまだありません。

【健康的なギャンブルができるシステム】責任あるギャンブルページ

ベラジョンの「責任あるギャンブルページ」は、健康的にギャンブルをプレイするための設定や、説明を読めるページです。
健康的なギャンブルのためのツールを、プレイヤー自身が自分のスタイルに合わせて設定できるところがいいですよね♪

では、どんな設定が選べるのか見ていきまショー!
『責任あるギャンブルで選べる設定』

  • 入金制限
    入金限度額(毎日、毎週、毎月)と最大入金額がセット可能。

  • 時間制限
    1回のログインでプレイできる時間がセット可能。(1時間単位)
    ★セットした制限時間がくる⇒自動でログアウト

  • ゲームプレイ時間制限
    ゲームをプレイできる時間がセット可能。 (最大は240分)
    ★セットした制限時間がくる⇒ポップアップメッセージ表示

  • ロス制限
    入金額(セットした期間のみ)に対する最大合計負け金額がセット可能。

  • 退会
    プレイヤー自身にていつでも退会手続きが可能。(理由がギャンブル依存症以外)

  • ログイン制限
    アカウントを一定期間使用停止にすることが可能。

★注意★
事前に責任あるギャンブルページの設定に関する説明や注意はよく確認しよう!

【健康的なギャンブルができるシステム】アカウント認証システム

ベラジョンの「アカウント認証システム」は、マネーロンダリングや不正利用などを防ぐために導入されている身分証明確認のこと。

信頼度◎のライセンスの維持には、審査・監視が義務になっていて、アカウント認証もその一部です。
カジノ法案にもあったように身分証明確認は、オンラインカジノを安全に運営するためにはマスト!

これがベラジョンの安心安全なギャンブル環境を守ってるんなら、協力しなきゃですね♪

そんなアカウント認証では、ちょっとのブレも許さない厳しめの審査が行われているとか?!
時間がかかりそうな予感プンプンなので、暇なときに事前にやっちゃうほうがよさそうですね。

カジノ法案がオンラインカジノの規制でなくても、信頼できるサイトで、健康的にギャンブルをすることは超大事!
安心安全なギャンブル環境で、節度を守りオンラインカジノをエンジョイしちゃいまショー。

カジノ法案で改めて健康的なギャンブルができるシステムの大切さを実感した方には、ベラジョンがおすすめです。

種類豊富なゲームが揃うベラジョンで、安心・安全にゲーム時間を満喫してみませんか?
まずはアカウント登録を済ませて、ベラジョンワールドへレッツダイブ!


ベラジョンニッポン経由で登録すると限定$30ボーナスがもらえる!

ベラジョンにまだ登録していない方は、ぜひ下記の記事を参考に登録してみることをオススメします!

What’s Online Casino? オンラインカジノについて

オススメの記事

ライブか